男性のAGA・薄毛の治療内容FOR MAN

男性のための薄毛治療についてのお話

本来の自分の姿を取り戻すために。

世の中に薄毛で悩む男性は大勢いらっしゃいますが、とりわけ多いのが男性型脱毛症AGAによる薄毛です。
日本人男性の場合、全年齢平均で30%もの確率で男性型脱毛症AGAを発症するといわれています。

男性型脱毛症AGAでは生え際や頭頂部、もしくはその両方から症状が進行していき、最終的には頭髪の成長が全く見られなくなります。
男性型脱毛症AGAには治療が必要です。 当クリニックでAGA・薄毛を改善し、本来の自分らしさを取り戻しましょう。

AGA・薄毛原因と症状cause and symptom

  • 最近、抜け毛が多くなってきた
  • 分け目が目立ってきたようだ
  • 頭頂部の髪が薄くなったようだ
  • 枕、バスルームの排水溝に抜け毛が多い
  • 額など生え際が後退してきた
  • 市販の育毛剤では効果が見られないようだ
  • 髪のコシやハリがなくなってきた
  • 年齢のせいか髪が全体的に薄くなってきた
  • 最近、フケが出て頭皮に痒みがある

髪の毛サイクル

AGAは様々な脱毛症の中で特に遺伝性の要素が大きいタイプのメカニズムを有しています。
アンドロゲンの一種であるテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、毛乳頭のアンドロゲン受容体と反応して脱毛を促します。
AGAの症状が生え際や頭頂部から始まりがちなのは、これらの部位に5αリダクターゼが集中しているからです。

男性ホルモンをテストステロンに変換する5αリダクターゼの量、そして、毛乳頭のアンドロゲン受容体の反応しやすさが遺伝と強くかかわっていると考えられています。
放置していると髪の毛の成長期がどんどん短縮し、髪の毛の本数が減り、残る髪の毛も細く頼りなくなって、地肌が目立ってくるのです。
抜け毛を繰り返すたびに細胞は弱り、毛根の体力も減衰していきます。AGAによる薄毛を改善するには根本的な治療が必要です。市販の育毛剤は個別の症状に対応していないため、効果は次第に得られなくなっていくでしょう。

男性薄毛のタイプtype of man's bald

  • O型 男性薄毛TYPE O:29歳

    頭頂部から徐々に進行(O型)するタイプの薄毛です。
    頭頂部から丸形に始まる進行パターンで、「O型脱毛」と呼ばれています。自分ではなかなか視覚で確認できない位置関係から、他人に指摘され、初めて気づくことが多いようです。
    海外では生え際から脱毛が進行するケースが圧倒的に多いですが、日本人は生え際の後退より先に頭頂部が薄くなる傾向があり、O型脱毛は日本人に多く見られる進行パターンとして知られています。 また、M型やA型と複合して進行することもあります。

  • M型 男性薄毛TYPE M:28歳

    こめかみから頭頂部に進行(M型)するタイプの薄毛です。

    左右の剃り込みが次第に深くなっていき、前髪の中央部分が残るパターンで、「M型脱毛」と呼ばれます。額中央の髪が残っているので初期段階では自覚しにくいことがあります。M型脱毛では、薄毛に気付いた場合はすでに進行段階に入っている可能性が高いです。

    M型脱毛は白人に多く見られる進行パターンとして知られています。

  • A型U型 男性薄毛OTHER:28歳

    前頭部の生え際から進行(A型・U型)するタイプの薄毛です。

    額の生え際が後退していくケースで、A型脱毛と呼ばれます。

    また、生え際のラウンド型がそのまま逆U字型に後退していく形で薄毛が進行し、側頭部と後頭部に髪が残るのでU型と呼ばれることもあります。

    東洋人に多く見られる進行パターンとして知られています。

AGA・薄毛を阻止するためにto stop man's bald

  • HARG療法

    HARG®(ハーグ)療法は、日本医療毛髪再生研究会が
    研究し検証した独自の毛髪治療法です。

    HARG ロゴ

    HARG療法は最先端の毛髪再生医療です。 HARG療法では人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を生理食塩水で溶解し頭皮に直接注入します。
    中央クリニックオリジナルの集中コースでは通常の倍の量の成長因子をビタミンB、銅ペプチド、植物性幹細胞ブースターなどの成分を含むMesoHairカクテルで溶解しより効果の高い発毛と育毛を同時に実現します。注入されたHARGカクテルは、毛乳頭や毛幹・毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激することにより、休止している毛根や1本しか生えてこない毛穴から2本3本と発毛を促進させ、髪を増やしていきます。
    この治療法は、毛髪再生研究会にて認定された医療機関でしか施術することができない発毛・増毛治療です。
    また、一般的な薄毛治療では性別によって手段を変える必要があります。
    例えば、男性にとっては標準的な治療方法でも女性に対しては禁忌となってしまうケースがあるからです。男性がある成分を外用薬で使用したとします。それが女性には禁忌となる成分だった場合、男性と接した女性にまでその成分が影響してしまうことになります。
    HARG療法のメリットは無数にありますが、HARG療法が男性・女性にかかわらず頭皮の育毛と増毛を可能にするところにも注目していただきたいと思います。
    HARG療法による発毛効果は通常3~4回目より徐々に現れてきます。
    HARG療法に満足して頂くためには約4週間~8週間おきに1クール(6回の施術)のペースがお勧めです。
    食物アレルギーのある方でも安心してHARG療法を受けていただけます。HARGカクテルにはアレルギー起因物質も全く含まれていません。アレルギーやガン化などの副作用がない為、安全に使用できます。

    > 詳しくはこちら

  • 内服薬・外薬療法

    育毛治療で多く利用されているプロペシアや
    ミノキシジルを用いた医薬品での治療方法です。

    アボルブ治療薬

    育毛治療で多く利用されているプロペシアやミノキシジルを用いた医薬品での治療方法です。

    投薬治療ではさまざまな薬剤の中から症状に合わせてピックアップし、組み合わせて薄毛の改善を目指します。
    毛髪に毛細血管から十分な栄養素が運ばれるようにする目的の薬剤や、男性ホルモン「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」の反応を抑制し、抜け毛を予防する目的の薬剤があります。
    使用方法もそれぞれに内服タイプ、外用タイプがあり、組み合わせ方は多様です。
    HARG療法と比較すると開始時期での効果は分かりにくいですが、継続して投与していけば抜け毛予防へと繋がります。
    地道に治療を続けることが大切です。

    近年では個人で購入できる薬も増えてきましたが、メーカーの情報が得られない薬、成分の詳細が不明な薬などは副作用の保証ができません。大きなリスクを伴うことになりますので、できるだけ医療機関からの購入をおすすめ致します。
    大阪梅田中央クリニックでは、きめこまやかなカウンセリングや診察を行い、おひとりおひとりに合ったAGA・薄毛治療薬を処方を致します。

    > 詳しくはこちら

CASE

大阪梅田中央クリニックのAGA・薄毛治療の症例をご紹介致します。

  • 男性薄毛 ビフォーアフター

    男性の症例です。主に頭頂部に薄毛症状が確認できます。比較的AGA・薄毛の初期に当たる症状です。 日本人男性に多くみられる「O型脱毛」の典型的な症例でもあります。HARG療法、ミノキシジル、フィナステリド、プラセンタカプセルで治療を続け、6ヵ月後には真上から撮影してもほぼ違和感のない状態まで回復しました。

    HARG療法:HARG療法は発毛回復効果の強い治療方法ですので、治療開始が早い方ほど速やかな効果が期待できます。実際にこちらの症例では6ヶ月で自然な発毛状況を回復するほどの成果を見せました。
    ミノキシジル:ミノキシジルは血管拡張効果がある有効成分であるため、HARG療法の効果を後押しする役割も期待できます。
    フィナステリド:フィナステリドで5αリダクターゼ2型による抜け毛を予防することで、発毛が続く状態を作りました。
    プラセンタカプセル:プラセンタとコラーゲンを豊富に含む治療薬はHARG療法のサポートやアフターケアにも最適です。また、栄養バランスが偏りがちな方、日ごろから眼精疲労がひどい方にも服用をお勧めしております。

    男性HARG療法ミノキシジルフィナステリドプラセンタカプセル
  • 男性薄毛 ビフォーアフター

    生え際から始まるタイプの薄毛でご相談にいらした男性の症例です。
    HARG療法、ミノキシジル、フィナステリド、プラセンタカプセルの組み合わせで成果を上げました。

    HARG療法:こちらも初期の薄毛ですので、効果の強いHARG療法で着実な成果を目指しました。
    ミノキシジル:速やかに効果を上げるための処方です。ミノキシジルをHARG療法と併用すると効果が出やすいことが分かっています。
    フィナステリド:フィナステリドはもともとAGAに有効な治療薬として開発されました。こちらもミノキシジルと同様、HARG療法との併用で効果が出やすくなることが分かっています。どの薬剤を使用するかもポイントです。
    プラセンタカプセル:ここまでご紹介した男性の症例は同様の治療法と有効成分の組み合わせですが、治療の進め方、薬剤の選び方はお一人お一人で異なります。プラセンタカプセルを必要とする期間も人それぞれであり、きちんと処方通りに服用していただくことが重要です。

    男性HARG療法ミノキシジルフィナステリドプラセンタカプセル

0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可