MEDICINE LISTお薬一覧

薄毛の治療に使用するお薬について

ザガーロ男性用治療薬

飲んで抜け毛の進行を防ぐ

1か月分30錠 9,000円

抜け毛予防の第二の選択肢として、当クリニックではデュタステリド(0.5mg)の処方も可能です。
グラクソスミスクライン社(GSK社)の純正品ザガーロとアボルブを取り扱っており、デュタステリドが有効成分になります。
AGAには5-αリダクターゼ1型タイプと2型タイプがあるのですが、フィナステリドが5αリダクターゼ2型を阻害するのに対し、ザガーロは5-αリダクターゼ1型、2型をともに阻害する働きがあるため、フィナステリドで効き目を感じづらい方におすすめです。
ザガーロとアボルブの大きな違いは「適応症の違い」にあります。
ザガーロはAGAに対する治療薬で、アボルブは前立腺肥大症の治療薬です。
適応症としてお薬を使用した際には、医薬品副作用被害救済制度の対象となります。


ザガーロについて

急激な抜け毛は、ストレスや運動不足による血行不良で一時的に起こることがあります。また、ダイエットによる栄養不足によって起こることもあるでしょう。

一方、それぞれの原因に応じた対策ができれば抜け毛をストップさせ、薄毛を予防することが可能です。ただし、その抜け毛がAGAの前兆である場合、専門的な治療を受けないと改善が難しいかもしれません。

それではこれより、当院で取り扱いがある内服薬の中でも薄毛改善効果が高いザガーロについてご紹介させていただきます。また、AGAの代表的な症状についてもご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてください。

ザガーロとは?

ザガーロとは、AGA治療で使用される内服薬の中でも、非常に高いAGA改善効果を期待できる内服薬です。ザガーロには、AGAの元凶となる酵素・5-αリダクターゼの働きを抑性する作用があります。

特に注目したいのは、他の内服薬にはないザガーロの特徴です。5-αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型に分類ができますが、一般的な治療薬はこのどちらかの抑制作用しかありません。しかし、ザガーロの主成分であるデュタステリドは、Ⅰ型とⅡ型の5-αリダクターゼに作用するという特徴を持っています。

5-αリダクターゼは、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する働きを持っていますので、この酵素の働きを抑制することがAGAの予防や改善につながるという仕組みです。

AGAの可能性がある症状

AGAかもしれないと感じた場合、まずは以下の症状が現れていないか、ご自身でチェックしてみましょう。

抜け毛が増えてきた

寝具に付着している抜け毛やお風呂の排水溝に流れ着いた抜け毛、床に落ちている抜け毛が急激に増えていると感じた場合、AGAの初期症状かもしれません。

髪のハリやコシがなくなってきた

髪の根元部分には毛球があり、この部分には頭髪の成長に必要な栄養分が蓄えられています。一方、毛球の栄養分が不足すると髪のハリやコシがなくなり、それがAGAにつながってしまうことがあるでしょう。

生え際や頭頂部の薄毛が目立つ

AGAの典型的な症状のひとつに挙げられるのが、額の生え際がM字またはU字型に後退する、頭頂部がO字型に薄くなるという症状です。

この症状が現れたら、AGAの進行が進んでいると考えられます。なるべく早急に専門的な治療を受けていただくことが望ましいでしょう。

市販の育毛剤が効かない

もし薄毛の原因がAGAであった場合、市販されている育毛剤では改善効果を期待することができません。

そのため、現在育毛剤によるセルフケアを行っているが髪の状態に変化がないという場合は、ひとまずAGAとして捉えておきましょう。

フケ・痒み・臭い

フケや痒み、臭いが気になる場合、脂漏性(しろうせい)皮膚炎を発症している可能性が考えられます。この症状によっていきなりAGAが起こるとは限りませんが、頭皮環境の悪化を放置しておくと、それがAGAの引き金になることがあるでしょう。

頭皮に激しい痒みが起こる、脂っぽいフケがボロボロと出るといった症状は脂漏性皮膚炎の可能性が高いと考えられますので、今すぐに専門的な治療を受けていただくことをおすすめします。

以上が、AGAと関係が深い代表的な症状です。

これらのいずれかの症状が現れているのであれば、ひとまずAGAを疑う必要があります。まずはお気軽にカウンセリングにお越しいただき、AGAかどうかの検査をお受けいただけますと幸いです。

カウンセリングへお越しください

『もしかするとAGAかもしれない』といったケースでも、実際に診察をさせていただいた結果、取り越し苦労だったということはいくらでもあります。しかし、もしも抜け毛の原因がAGAだった場合、適切な治療を行うことが大切です。

なぜなら、AGAは進行性という特徴を持っています。そのため、放置したがために症状が悪化してしまいがちです。少しでも怪しいと感じておられる場合には、ぜひカウンセリングにお越しください。

0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可