ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2017.11.22(wed)

#男性用BLOG

薄毛治療で生え際(M字・A字(U字))は本当に治療できるのか解説

「生え際の薄毛治療は意味がない」「いろいろ試したけれども効果がなかった」と聞いて、

生え際の薄毛に関して不安を感じている方もおられるのではないでしょうか。

生え際は顔の一部ともいえ、どうしても目に入ってしまう部分であり、目立ってしまうのが特徴です。

 

そんな生え際の薄毛ですが、実際のところ「効果的な治療」は可能なのでしょうか?

今回の記事では、生え際の薄毛治療に関する疑問や効果的な治療法について徹底解説していきます。

 

頭頂部よりも生え際の薄毛治療のほうが難しい!?
頭頂部よりも生え際の薄毛治療法のほうが難しい、という話を耳にしたことがある男性は多いのではないでしょうか。

「ただの噂話」「気のせいなだけでは?」というような前向きな意見も見られますが、この話、実は本当です。

 

一般的に、生え際は頭頂部に比べて治療が困難だと考えられていて、自力では改善しにくいという特徴があります。

 

生え際の薄毛治療が難しいといわれる理由
生え際の薄毛治療が難しいのはなぜなのでしょうか?具体的に迫っていきましょう。

 

男性ホルモンの影響
その理由の一つとして挙げられるのが「男性ホルモン」の影響です。

特に、薄毛の原因がAGAの場合、その影響から逃れることはできません。

 

AGAは進行性の薄毛なので、早めに治療をスタートしなければ十分な効果を得られなくなってしまいます。

生え際が気になりだしていたり、すでに生え際が後退している状況では、十分な効果が得られる段階を過ぎていることが多いため、

生え際は薄毛治療が難しいといわれているのです。

 

血行不良の問題
生え際は他の部分に比べて血管の数が少ないといった特徴があります。

そのため、血行不良に陥りやすく、十分な栄養素が生え際まで行き渡らないといった問題が生じがちです。

 

さらに、頭皮の下に位置する腱膜は、加齢によって硬くなります。

これによりさらに血行不良が加速してしまい、生え際の薄毛が改善されにくくなってしまうという仕組みです。

 

「生え際は治療の効果が出にくい」といわれるのは、こうしたことが原因となっているので、

他の部位と同じ治療を施していても、他の部位と同様の効果を得ることができにくくなっています。

 

生え際の効果的な薄毛治療

 


生え際は薄毛治療の効果が出にくい、と言われていますがそれでも何とか改善したいというのがホンネですよね。

大丈夫です、不安になる必要はありません。

 

現在は生え際にも効果がある治療が豊富になってきました。クリニックによっては高度な技術を用いて治療をおこなってくれます。

では、一体どんな治療法があるのでしょうか?これより解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

注射による治療
まず、挙げられるのが「注射による治療」です。投薬とは違い、血行の状態に左右されず、直接有効成分を頭皮や毛根に作用させることができます。

そのため、生え際でも効果的に治療をおこなうことができるわけです。

 

「飲み薬では改善しなかった」「薄毛用サプリでは何も変わらなかった」という男性にも比較的効果が現れやすいので、ぜひ試してみましょう。

ただし、注入される成分についてはクリニックによって違うため、事前に問い合わせる、カウンセリング時に確認することを忘れないでくださいね。

 

HARG療法
再生医療の一つである「HARG療法」。毛根の成長因子を活性化させることを目的とした治療で、これにより発毛を促すことができます。

 

発毛に至るまでの時間には個人差があるものの、ほぼ確実な発毛効果を得られるのがポイントです。

ただし、費用が高額になりやすいため、自分の予算と照らし合わせながらスケジュールを組む必要があります。

 

おわりに
男性にとって深刻な悩みの一つである薄毛。

さらに、薄毛の中でもコンプレックスとなりやすいのが生え際の薄毛ですよね。

 

会話中や外を歩いているときなどに、周囲の視線が生え際に向かっているような気がして不安を感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

 

今回の記事ではそんな生え際の効果的な治療、一般的な治療が効きにくい理由などについて解説しました。

ぜひ、自分の頭皮環境と照らし合わせながら参考にしてみてくださいね。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可