ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.01.20(sat)

#男性用BLOG

壮年性脱毛症とは?男性型脱毛症と違いがあるのかについて

男性型脱毛症は、男性ホルモンが酵素によって分解されたDHT(ジヒドロテストステロン)によって毛の成長が途中でストップしてしまう薄毛の原因の一つです。

男性型脱毛症は聞いたことがあるけれど、壮年性脱毛症は聞いたことがないという方は多いのではないでしょうか。

 

脱毛症という名称がついているため、男性型脱毛症と同じように薄毛の原因になることは予想できますが、

どのような症状が現れるのかご存じない方もいるでしょう。

どのような原因で壮年性脱毛症になるのか、どういった対策があるのか確認しておくことをおすすめします。

 

ここでは、壮年性脱毛症と男性型脱毛症の違いや対策についてご紹介しますので、参考にしてください。

 

壮年性脱毛症とは

実は、壮年性脱毛症という名称は正式には存在しません。

壮年性脱毛症とは、男性型脱毛症のうち30代後半~50代にかけて発症するものを指します。

また、10代~30代前半で発症する男性型脱毛症が若年性脱毛症です。

 

男性型脱毛症は、このように発症年齢が二分化されて考えられることがあり、

便宜上このような名称で呼ばれているのです。

 

壮年性脱毛の原因

壮年性脱毛症は男性型脱毛症と同じなので、原因も同じです。

男性ホルモンのテストステロンが、

頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化し、

それが毛乳糖細胞という発毛に関わる細胞の受容体と結合することで起こります。

 

つまり、髪の成長期を短縮させる脱毛シグナルが分泌され、

その影響で髪が十分に成長する前に抜け落ちるようになるのです。

 

また、壮年期の薄毛は男性ホルモンの影響だけではなく、

生活習慣の乱れやストレスなど様々な要因が重なることで起こるものと考えられています。

壮年期には、次のような理由で薄毛のリスクが高まるので、ぜひチェックしてみてください。

 

睡眠不足

中間管理職などに就任することで残業が多くなり、睡眠時間を十分に確保できなくなる場合があります。

また、部下が増えることで責任が重くのしかかり、考え事のしすぎで不眠になることもあるでしょう。

睡眠中はストレスの緩和の役目を担っており、睡眠が少ないと緩和できる時間と寝れていない事が更なるストレスの引き金になってしまいます。

 

睡眠中には、毛の成長に必要な成長ホルモンが分泌されるので、十分に睡眠をとることが大切です。

 

ストレス

ストレスによって自律神経が乱れると、血管が収縮して頭皮への血流が悪くなります。

全身に栄養を運ぶのは血液なので、

血流が悪くなると髪の成長に必要な栄養が不足して薄毛に繋がる可能性があるでしょう。

 

食生活の乱れ

外食続きで高カロリーの食事ばかり摂っていると、血液中のコレステロールが増加して、

頭皮への血流が悪くなる可能性があります。

 

過度の飲酒

会社の付き合いでお酒を飲みすぎてしまうと、肝臓の機能が抑制されます。

肝臓では髪の材料であるタンパク質が作られるため、

肝臓の機能が低下すると健康な髪の成長が妨げられるためです。

アルコールを肝臓が分解する際に髪の毛の元となる栄養素「メチオニン」を大量に使ってしまうため、髪の毛の原料不足にも陥りやすいです。

 

壮年性脱毛症の治療法

壮年性脱毛症の治療法は男性型脱毛症と同じです。

日本皮膚科学会に最も推奨されているのが、プロペシアによる内服治療とミノキシジルの塗布で、

壮年性脱毛症の進行を抑え、症状を改善できる可能性があります。

 

プロペシアは、5αリダクターゼを阻害する薬です。

なぜ、プロペシアが壮年性脱毛症に効果が期待できるのでしょうか。

それは、男性型脱毛症を引き起こすジヒドロテストステロンの生成には、5αリダクターゼが必要であるため、

これを阻害することで結果的にジヒドロテストステロンの生産を抑えられるからです。

 

ミノキシジルには、血流を促すことで頭皮への栄養の供給を高める効果が期待できます。

プロペシアを内服し、ミノキシジルを外用することで、より効率的に治療できるでしょう。

 

また、確実に効果を感じたいという場合は、HARG療法をおすすめします。

HARG療法は最先端の薄毛治療法であり、限られたクリニックでしか施術を受けることができません。

ただし、それだけ発毛効果を期待することができることもあり、今、注目を集めています。

 

おわりに

壮年期は、睡眠不足や偏食、ストレスなど男性ホルモン以外の薄毛の原因が重なりやすいので、生活習慣を見直すようにしましょう。

どうしてもストレスや睡眠不足などを解消できないという場合、

壮年性脱毛症になったときにすぐ治療を始められるよう心構えをしておくことが大切です。

 

大阪梅田中央クリニックでは、壮年性脱毛症の治療を行っております。

薄毛に悩んでいる方は、ぜひ一度、カウンセリングだけでも足をお運びいただけますと幸いです。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可