ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.01.24(wed)

#男性用BLOG

#女性用BLOG

抜け毛が心配になってきたら始めたいヘアケアと生活習慣の改善

最近、抜け毛が増えてきたかもと、薄毛を心配しているという方もいるのではないでしょうか。

毛は健康な状態でも1日に数10本~100本程度抜けるので、

排水溝に毛が絡まっているというだけでは何の心配もいりません。

 

しかし、明らかに普段よりも抜け毛が多い場合は、薄毛が進行している可能性があります。

早めに抜け毛対策をすることで、薄毛の進行を抑えられるでしょう。

 

また、抜け毛は、普段のヘアケアだけではなく、生活習慣も関係しています。

ヘアケアと生活習慣の2つを見直して、抜け毛を抑えましょう。

ここでは、抜け毛対策のためのヘアケアと生活習慣の改善についてご紹介します。

 

抜け毛の原因とは

毛は、一定の周期で生え変わります。

これを毛周期やヘアサイクルなどといい、正常な場合は1日に数10本~100本程度抜けるので、

シャンプーをしたり頭をかいたりしたときに毛が抜けても必ずしも抜け毛が多いとは限りません。

 

しかし、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると、普段よりも多く毛が抜けるようになります。

ヘアサイクルが乱れる原因は次のとおりです。

 

睡眠不足

睡眠中には、毛の成長だけではなく皮膚や爪などの成長にも必要な「成長ホルモン」が分泌されます。

成長ホルモンは、眠りについてからの最初の眠りが深いとき(ノンレム睡眠)に多く分泌されるため、

寝つきが悪いと成長ホルモンの分泌が低下してしまうのです。

 

その結果、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えてしまうことがあります。

 

栄養不足

髪の成長には、様々な栄養素と酸素が必要です。

栄養が偏ったり不足したりすると、髪を十分に成長させることができず、早い段階で抜けてしまう可能性があります。

特に、亜鉛は髪の成長に大切な役割を果たしているので、不足しないように注意しましょう。

 

運動不足

髪の成長に必要な栄養は、血液によって頭皮へと運ばれます。

つまり、運動不足が原因で血行不良になると、頭皮に栄養が十分に運ばれなくなり、

結果として抜け毛が増える可能性があるのです。

 

ストレス

日常的にストレスを受け続けていると、自律神経が乱れて血管が収縮します。

その結果、血流が悪くなり、頭皮への栄養の供給が不足してしまうことがあるでしょう。

 

間違ったシャンプー

頭皮トラブルが起こると、抜け毛が増える場合があります。

頭皮トラブルは、洗浄力が強いシャンプーでゴシゴシと洗うようなヘアケアをすることで起こりやすくなるのです。

 

今すぐ始めたいヘアケア

抜け毛の原因を解消することで、抜け毛を減らせる可能性があります。

まずは、すぐに始められる「シャンプーの方法の改善」をおこないましょう。

 

まずは、抜け毛対策に適したシャンプーを選ぶことから始めたいところです。

 

洗浄力が強いシャンプーには、「ラウレス硫酸Na」など石油系界面活性剤が含まれています。

この成分は、水と油(皮脂)を混ざりやすくすることで、過剰な皮脂を落とす役割を果たしているものですが、

洗浄力が強いため必要な皮脂まで落としてしまうことがあるのです。

 

そのため、石油系界面活性剤ではなく、アミノ酸系の洗浄成分が含まれているシャンプーを選びましょう。

洗浄力がちょうど良いため、必要な皮脂まで落としてしまう心配が少ないです。

 

最適なシャンプーを購入したら、次は洗い方を見直しましょう。

次のような流れでシャンプーをしてくださいね。

 

(1)ブラッシングと予洗い

まずは、シャンプー前に、髪についた汚れをしっかり落とすために、ブラッシングと予洗いをしましょう。

 

(2)シャンプーをする

シャンプーは、泡立ててから使用することをおすすめします。

そのまま使うと、頭皮に刺激になる可能性があるためです。

 

そして、予洗いで汚れはある程度落ちているので、

ゴシゴシと洗うのではなく、優しくマッサージするように洗いましょう。

 

(3)しっかりすすぐ

洗浄成分が頭皮に残ると、毛穴に詰まって頭皮トラブルが起こる場合があります。

2~3分はかけて、しっかりすすいでくださいね。

 

(4)トリートメントを正しく使用する

トリートメントは頭皮ではなく毛先につけましょう。

頭皮につけると、十分に流せずに頭皮に残って毛穴に詰まる恐れがあります。

 

(5)ドライヤーをする

自然乾燥させると雑菌が繁殖しやすくなるので、頭皮トラブルに繋がります。

最初にタオルドライをしてある程度乾かしてからドライヤーを使いましょう。

これは、ドライヤーの時間をできるだけ短くすることが目的です。

 

なお、ドライヤーは、髪から20~30cmは離して当てましょう。

あまり近くから当てると、髪が変性したり、頭皮にダメージが与えられたりします。

 

抜け毛を減らすための対策

抜け毛を減らすためには、やはり生活習慣の改善が欠かせないでしょう。

すぐに改善できるものではありませんが、シャンプーの改善と共に対策していってくださいね。

 

睡眠不足や偏食などの対策についてご紹介します。

 

睡眠不足

睡眠の質を高めるために、眠りにつく前はリラックスして過ごしましょう。

刺激の強いテレビやスマホの画面は見ないようにして、部屋を暗くすることが大切です。

 

栄養不足

髪は、18種類のアミノ酸でできたタンパク質「ケラチン」で形成されています。

ケラチンを構成するアミノ酸のうち、14~18%は「シスチン」です。

 

シスチンは髪に含まれるメチオニンから作られますが、

メチオニンは体内で合成できないため、外部から補う必要があります。

メチオニンは、マグロの赤身やシラス、鶏むね肉、大豆製品、ナチュラルチーズなどに多く含まれているので、

これらの食材をバランスよく献立に加えましょう。

 

運動不足

運動はストレス解消にもなるので、定期的におこなうことをおすすめします。

普段、運動をしていない人が急に運動を始めるのは大変なので、

まずはできる範囲でウォーキングやジョギングなどから気軽に始めてくださいね。

 

ストレス

ストレス解消法は人によって違いますが、

趣味に没頭したり気の許せる友人や家族と会話を楽しんだりするのがおすすめです。

カラオケや睡眠、軽い運動、音楽鑑賞などもストレス解消になります。

 

おわりに

抜け毛が増えてきたと感じた場合は、ヘアケアと生活習慣を見直しましょう。

少し抜け毛が増えた程度であれば、このような対策だけで改善する可能性があります。

ストレスが溜まると逆効果なので、できる範囲で少しずつ対策していきましょう。

 

ただし、急に大量の毛が抜けた場合には、何らかの病気が疑われるので、

クリニックを受診することもぜひ検討してくださいね。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可