ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.05.04(fri)

#男性用BLOG

#女性用BLOG

自分の抜け毛をチェックしてみる

自分の抜け毛をチェックしてみる

普通の抜け毛と脱毛症の抜け毛は何が違うのか

髪の毛が抜けていくのは自然な現象ですよね。

しかし、本来ならば成長し続けるはずの髪の毛がどんどん脱落していってしまう症状があります。それが「脱毛症」です。

症状に応じてさらに精密な診断名があり、問診と視診を中心に診断します。

 

通常の抜け毛はヘアサイクルに従って起こるもの。

ヘアサイクルは髪の毛が生え変わる周期のことで、2年から6年間の成長期を経て休止期に入り、毛根の退縮とともに自然に髪の毛が押し上げられて脱毛するのです。しかし、脱毛症による抜け毛は成長期が短く、毛幹も毛根も十分に成長しない状態で抜けていきます。

通常は医師が拡大鏡などを使って視診し鑑別しますが、症状が顕著な場合は本人の目でも脱毛症の可能性を見て取れるようになるでしょう。

 

脱毛症の抜け毛は細く短い。男性は特に生え際に注意!

男性と女性で脱毛症の現れ方は異なります。女性の場合は頭部全体で徐々に脱毛症が進行しますが、男性の場合は生え際や頭頂部から症状が現れるのが一般的です。

女性についてはやはり自己診断は難しいかもしれませんが、男性は生え際の状態や頭頂部に残っている髪の毛から薄毛の兆候を読み取れるはず。

 

生え際のラインが後退し、頭頂部の髪の毛が細く短くなっていたら脱毛症のサインです。発毛を維持したいと思う方はなるべく早く病院を受診することをおすすめします。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可