ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.06.08(fri)

#男性用BLOG

#女性用BLOG

薄毛治療薬の費用はどのぐらい?

薄毛治療は継続してこそ意味がある。月々の薬代で計画を立てよう

薄毛(脱毛症)が進行した状態から発毛を回復させるには治療が必要です。

 

市販の育毛剤や薄毛改善を謳ったサプリメントも数多く出回っていますが、症状のタイプや原因を見極めて確実に頭皮環境を向上させるには医師の診察が欠かせません。

体質に合わないサプリメントや育毛剤は薄毛を悪化させるリスクを持っています。

 

薄毛でお悩みの方はぜひカウンセリングを受けるようになさってください。

当院で取り扱いのある薬剤やサプリメントの主な価格をご紹介しますので、治療にかかる費用の参考にしていただければ幸いです。

 

男性と女性の薄毛治療薬、1か月あたりのモデルケース

薄毛治療薬は組み合わせて使用すると効果が高くなるものが多数あります。

例えば男性向け薄毛治療薬では「プロペシア」と「ロゲイン」です。

この組み合わせでは1か月あたりの費用は12,000円。有効成分ミノキシジルの配合量がより多い「7HP」と、「プロペシア」のジェネリック薬品である「フィナステリド」の組み合わせなら1か月あたり11,000円。女性の場合は「パントガール」と「パントスチン」で1か月あたり17,000円。「ミノキシジルタブレット」と「リボゲイン」なら1か月あたり11,000といった具合です。(※2018年5月22日時点の価格で計算しています)

 

通常は3か月から6か月を目安に投薬を計画しますが、薄毛の原因や体調次第ではさらに長期間継続しなければならないケースも考えられます。薄毛治療は継続してこそ効果が出てくるものです。薄毛治療を始める前に、費用面で問題がないかどうか検討しておくといいでしょう。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可