ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.06.29(fri)

#男性用BLOG

プロペシアとジェネリック薬品

プロペシアとジェネリック薬品、どちらを選ぶ?

日本で最もよく知られている薄毛治療薬は「プロペシア」なのではないかと思います。

アメリカでは1997年、日本では2005年に薄毛治療薬として認可を受けた薬品です。

近年までは日本で選べる内服型薄毛治療薬は「プロペシア」しかありませんでした。

現在では同じ有効成分を配合した「フィナステリド」というジェネリック薬品が登場しており、費用の安さから急激に普及しました。

 

後発医薬品は先行薬と同様の有効成分が配合されていますが、製造会社によっては先行薬より効果が劣るケースもあるので、使用の際には医師の処方を受けることをおすすめします。

 

ジェネリック薬品は製薬会社によって品質が異なる

ジェネリック薬品は先発の医薬品と同等の効果がある薬品とされているものの全く同じ内容や製法の薬剤というわけではありません。

当院で処方しているフィナステリドはプロペシアのジェネリック薬品のなかでは最も高品質なことが知られており、先行薬に遜色ない効果を期待できます。

しかし、個人輸入などで海外から取り寄せたフィナステリドの場合、ジェネリックとは名乗っていても実態としては全く異なる薬剤になっている可能性があるので注意してください。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可