ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.07.13(fri)

#女性用BLOG

10代でも薄毛が心配…

10代から始まる女性の薄毛、その原因とは

 

 

男性の薄毛は多くが男性型脱毛症(AGA)というタイプの脱毛症で、どのように起こるのか、また、どんな治療薬があるのかといった情報がある程度浸透しています。

しかし、女性の薄毛については「女性が薄毛になる」という認識自体がまだまだ薄い状態です。

ましてや、10代という若さで薄毛になる女性がいることはほとんど知られていません。

 

自己免疫疾患や、がんなどでは病気そのものの症状として脱毛症が起こったり、治療の副作用として一時的に脱毛してしまったりという事態が起こり得ます。

もし皆さんがどこかで薄毛の若い女性を見かけたら、「病気なのかな?」「何か事情があるのかな?」などと思われるのではないでしょうか。

特に病的な原因がなくても、不健康な生活習慣や間違ったヘアケアによって10代の女性でも薄毛になる可能性があります。

 

10代女性の身近な「薄毛リスク」を知ろう

10代女性の主な薄毛要因は、ストレス、ヘアカラー、パーマ、ダイエット、栄養不良などです。

女性の身体は10代の時期にはまだ完全に成熟していないので、ストレスやダイエットの影響で容易にホルモンバランスが崩れてしまいます。

健康な発毛を維持するにはホルモンバランスが正しく整っている必要があるのです。

ヘアカラー、パーマは直接毛根にダメージを与えるため、「その時」は大丈夫でも徐々に髪の毛が薄くなっていく恐れがあります。

 

これらの要素は20代以降の女性にとっても大きな薄毛要因とされています。

近親者に薄毛の方がいらっしゃる女性はもともとリスクを備えた体質です。

薄毛要因は少しでも排除していくことをおすすめいたします。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可