ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.08.10(fri)

#男性用BLOG

#女性用BLOG

頭皮の汗は薄毛リスクを高める?

発毛のためにはしっかり汗をかくことも大切

発毛のためにはしっかり汗をかくことも大切

汗は自律神経が機能して、身体を環境に順応させようとしている証拠です。
ただし、高温多湿の環境下で汗をかいても水分が蒸発せず、皮膚を水分や油分などで覆って、逆に体温をあげてしまうなどの悪影響を身体におよぼし始めます。
頭皮の場合は、頭皮がふやけてダメージを負いやすくなること。雑菌への抵抗力が落ちること。雑菌が繁殖しやすい環境になることなどから、薄毛リスクが高まると考えられます。
薄毛に悩む方は「汗をかかないようにしなければ」と思われるかもしれませんね。しかし、発毛という観点から見ると全く汗をかかないというのは問題です。
薄毛を予防するためにはしっかり汗をかくことも大切なのです。

 

汗をかいた後のケアが薄毛予防のカギとなる

汗をかいた後のケアが薄毛予防のカギとなる

頭皮に汗をかいて薄毛リスクが高まるのは以下の要件が揃った時です。

1.汗をかいた後、頭皮が湿った状態で長時間過ごす
2.汚れを落とそうと「いつも以上に」頭を洗う
3.洗髪後にドライヤーを使わない

頭皮が湿っているとふやけてダメージを負いやすくなります。免疫機構も弱体化します。
そこに、皮膚上に供給された老廃物が雑菌の温床となって増殖を加速するのですが、時間が経ってから過剰に洗髪すると弱った頭皮が傷つき、雑菌を深く潜り込ませる恐れがあります。
洗髪後にはドライヤーでしっかり髪の毛を乾かし、頭皮が回復しやすい環境を整えましょう。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可