ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2018.10.12(fri)

#男性用BLOG

#女性用BLOG

遺伝による薄毛かも?自分の薄毛の原因とは

「薄毛を知ること」が薄毛予防の第一段階

「薄毛を知ること」が薄毛予防の第一段階

日本の薄毛人口は2000万人を超えるとも言われていますが、一般的な病気治療のような統計データが存在しないため、潜在的なリスクがどこまで広がっているか、その実態はいまだにわかっていません。
近年になってようやく薄毛治療の世界にも革命的な進展があったものの、薄毛のリスク要因や治療法についてはまだまだ十分に周知されているとは言えないでしょう。

どんな薄毛症状があるのかを知るだけでも、将来の薄毛を予防するためのステップを一段上ったことになります。

家族に薄毛症状が見られる方は要注意です。
薄毛になりやすい遺伝子を受け継いでいる可能性が高く、もし症状が現れたら病院で治療を受けないかぎり確実に進行します。

まずは薄毛の種類を把握し、タイプ別の対策を始めてみませんか?

 

「男性型脱毛症」にも性差や個人差がある

「男性型脱毛症」にも性差や個人差がある

家系で受け継がれる薄毛は「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるタイプです。
男性型というのは男性ホルモンのひとつ、テストステロンが関与していること、男性に多く見られることからこのように名付けられたのであって、女性にもAGAは起こります。

男性に起こる場合はAGAの基本メカニズムで理解できます。テストステロンが還元酵素によってジヒドロテストステロンになり、毛根の受容体と結合して毛根のアポトーシスを誘発するのです。
これに対し、女性に見られる薄毛は女性ホルモンや女性特有の機構が複雑に絡み合い、男性にみられるAGAとは全く異なる病態となります。

年齢によっては更年期症状に根差している場合もあるので、薄毛以外に気になる症状がないかを確認しておきましょう。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可