ニュースNEWS

大阪梅田中央クリニックの新着情報

2019.01.04(fri)

#男性用BLOG

HARG治療に使う薬とは

HARG治療薬ってどんな薬?

HARG治療薬ってどんな薬?

薄毛(脱毛症)を治療したいと考える日本人は多いですが、先進医療の情報が一般に浸透するには時間がかかります。実際、「HARG療法」の認識はまだまだ十分に拡がっているとは言えません。
みなさんは「HARG療法」がどんな治療法なのか、どんな薬を使うのかご存知ですか?

HARG療法とは、HARG治療薬を用いた薄毛(脱毛症)治療方法です。HARG治療薬は一般的な内服薬とも外用薬とも異なり、頭皮に直接注入することで効果を発揮します。男性はもちろん女性にも処方可能で、多くの方に効果を実感していただいています。
では、HARG治療薬とはどのようなものなのでしょうか。

 

HARG治療薬はサイトカインを抽出した幹細胞製剤

HARG治療薬はサイトカインを抽出した幹細胞製剤

人の細胞にはあらゆる細胞のもとになる「幹細胞」というものがあります。そして、その中に細胞分裂を促す「成長因子」があり、これを「サイトカイン」と言います。
当院で使用する幹細胞製剤には150種類以上の成長因子が含まれており、頭皮に直接注入すると効果は長く続きます。治療が終了した後も発毛は続くのです。

紀元前の昔から人類は薄毛を食い止めるべく努力を重ねてきました。HARG療法は歴代の薄毛治療術の中で最新・最高の技術のひとつです。なお、HARG療法はHARG認定院のみが実施できる治療法です。大阪梅田中央クリニックは日本医療毛髪再生研究会により認定された数少ない認定院のひとつです。興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お知らせ一覧へ戻る


0120-344-622完全予約制9:30~19:00 ※休診日は18:00まで 土日祝も可