大阪梅田の男性泌尿器科|包茎治療・増大・長茎・シリコンボール・パイプカット・STD性病治療・ED治療等

STD性病治療・検査

STD性病治療・検査大阪梅田中央クリニック大阪でSTD性病治療・検査専門クリニック

STD・性病とは
性病・STDとは?
性行為(オーラルセックス含)によって感染するウィルス性の病気を性感染症と言います。一般的には性病と言います。
英語表記でsexually transmitted diseaseの為、略して「STD」とも言われます。
性感染症は基本的に自然発生する病気ではなく、自然治癒もほぼなく、また感染するとパートナーや家族にうつしてしまう恐れがあります。感染経路は、性感染症の方と性的な接触があった場合の他、口・血液・陰毛などの接触があげられます。
自覚症状(痛み・かゆみ・腫れ・違和感・排尿障害等)があるものだけでなく自覚症状がないものもございますので、もしかしたら感染したのではないかと疑うようなことがあれば、早期に性病検査または性病治療を受けるようにしてください。また、性病はピンポン感染と言って、パートナーと同時に治療しなければ、お互いにうつしあう結果となります。性病の予防法はコンドームの装着、包茎治療が効果的です。

当院で検査可能な性病一覧

当院は守秘義務を厳守しておりますので、第三者(ご家族含む)に検査結果や治療内容等を開示することはございませんのでご安心ください。(ご本人が開示希望の場合は除く)

  • 淋病 尿検査
  • クラミジア 尿検査 血液検査
  • HIV(エイズ) 血液検査
  • B型肝炎 血液検査
  • C型肝炎 血液検査
  • 梅毒 血液検査
  • ヘルペス 血液検査

当院で治療可能な性病一覧

当院は守秘義務を厳守しておりますので、第三者(ご家族含む)に検査結果や治療内容等を開示することはございませんのでご安心ください。(ご本人が開示希望の場合は除く)

淋菌・淋病(尿道炎) 性交やオーラルセックス(フェラチオ)により感染します。淋菌が増殖し、尿道炎を引き起こします。主な症状は排尿痛があり、尿道から黄色や白色の膿が出ます。また精巣(睾丸)の腫れや残尿感、むず痒さを感じる場合もあります。潜伏期間は、性行為後1日~10日間。また、淋菌に感染している場合、クラミジアに同時感染している可能性が高くなります。治療方法は抗生剤注射と内服薬の組み合わせをお勧めします。
クラミジア菌(尿道炎) 性交やオーラルセックス(フェラチオ)により感染します。クラミジアトラコマチス菌が増殖し、尿道炎を引き起こします。日本では一番多い性病とも言われております。自覚症状がほとんどなく症状がある場合は尿道から透明の膿が出ます。残尿感、むず痒さを感じる場合もあります。潜伏期間は、性行為後3日~3週間。また、クラミジアに感染している場合、HIV感染率が3~5倍になると言われております。治療方法は内服薬を3日服用します。
ヘルペス 性交・スマタなどの接触により感染します。患部にヘルペスウィルス(HSV)1型、2型により水泡ができ強い痛み・かゆみなどの炎症があります。一度、感染すると腰仙髄神経節に潜伏します。治療方法は内服薬1週間服用します。
尖圭コンジローム
伝染症軟属腫
ウイルスが原因となって陰茎包皮や亀頭、陰嚢、下腹部に出来るブツブツやイボです。痛みやかゆみはほとんどありません。潜伏期間は最大で尖圭コンジロームが6ヶ月、伝染症軟属腫は2か月と言われております。治療方法は電気メスで除去します。詳しくはこちら≫ペニス(亀頭・陰茎)ぶつぶつ・イボ除去
カンジタ もともとカンジダ菌は口腔内にあり、免疫力低下時に発症します。性器に感染し発症することもあります。特に女性の膣に起きるケースが多く、男性の場合は包茎の方に多く、かゆみや赤く包皮炎症を起こします。治療方法は患部に軟膏を塗ります。

性感染症(STD・性病)治療検査料金

当院は自由診療の為、すべて実費にて診察・治療いたします
当院は保険診療を行っていない為、全て実費ですが予約制ですので待合時間もほとんどございません。
また土日祝も開院しており、保険証を提出する必要がなく、週末がお休みの方でも他人にばれる事もございません。お薬は院内処方です

病名 治療費(税別)
性病検査
尿・血液検査
1項目10,000円、7項目ALL50,000円
淋病・クラミジア・HIV(エイズ)・B型肝炎・C型肝炎・梅毒・ヘルペス(単体検査の際はHIV・梅毒は検査項目が2項目の判定の為各15,000円、クラミジアの血液検査は2項目希望の際は15,000円)
性病治療 診察・問診料 初診5,000円
(STD検査のみは不要)
尿道炎治療 注射15,000円
内服10,000円
ヘルペス 内服10,000円
包皮炎 軟膏5,000円
尖圭コンジローム
伝染症軟属腫
電気分解80,000円~200,000円
包茎と性病の関係
包茎でなければ絶対に性病にならないわけではありませんが、当院に性病治療で来院頂く患者様のほとんどが仮性包茎の状態です。包茎の場合、平常時に亀頭が覆われており尿や汗が乾きづらく湿気の多いため、菌の繁殖しやすい不潔な状態になります。衛生面の改善で包茎手術は今後の性病予防、性病再発防止になります。
無料カウンセリング ご予約・ご相談
ご不明な点・ご不安な事などございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
お電話でのご相談・ご予約
メールフォームでのご相談・ご予約

性感染症は適切な治療でこそ解決する!性感染症の種類と治療法をご紹介

自分は大丈夫と思っていても、ちょっとした不注意で性感染症になってしまうことがあります。初期段階で治療を受ければ短期間で完治させることができると考えられますが、症状に気付かず発見が遅れると、いつの間にか症状が悪化しているということもあるでしょう。

私ども大阪梅田中央クリニックではプライバシーを重視し、性感染症に感染してしまった患者さまの立場に立って丁寧に治療をおこないます。性感染症に感染した、あるいはその疑いがある方は、ぜひ、当院にご相談ください。

性感染症の種類

それではまず、主だった性感染症の種類と原因、それぞれ症状についてご紹介します。

淋菌・淋病(尿道炎)

淋菌によって感染する性感染症です。その原因は性行為やオーラルセックスで、数日間の潜伏があります。

その症状で最もわかりやすいのが尿道からの白色または黄色い膿です。これに伴って、精巣の腫れや残尿感、尿道の痒みといった症状が現れることがあります。

クラミジア菌(尿道炎)

クラミジアトラコマチス菌によって感染します。性行為で感染し、日本国内で最も発症率が高いと考えられている性感染症です。こちらは、困ったことに初期症状がほとんど現れないという特徴があります。

また、この性感染症も尿道から膿が出ますが、淋病とは異なった透明の膿が出ることが多いようです。それに伴って残尿感や尿道の痒みなどの症状が現れることがあります。

ヘルペス

性器ヘルペスウイルスによって感染する性感染症です。性行為が主な原因となって感染します。

この性感染症もまた潜伏期間があり、初期症状はわかりにくいのが特徴です。一方、ひとたび症状が現れると、性器や性器周辺に赤いブツブツができたり、性器に強い痛みを感じるようになったります。

さらに、脚の付け根部分のリンパ節が腫れたり、38℃以上の高熱が出ることもあるでしょう。

尖圭コンジローム・伝染症軟属腫

ヒトパピローマウイルスによって感染します。この性感染症も性行為によって感染しますが、発症するまでは1カ月程度、潜伏期間は尖圭コンジロームが最長6カ月前後、伝染症軟属腫は2カ月前後と非常に長いのが特徴です。

この性感染症は性器や下腹部にイボ状のできものができますが、その形状はカリフラワー状または乳頭状に分類されています。

カンジダ

カンジダ菌は口内に存在している常在菌ですが、免疫力が低下していたり、性行為によって症状を発症すると性器の痒みや包皮炎などの症状が現れることがあります。

性感染症の診断と治療方法

それでは次に、性感染症を発症した際の治療法をご紹介しましょう。

血液・尿検査

性感染症に感染していると思われるときには、7項目の中から1項目または複数項目を選択した血液や尿検査をおこないます。この検査は各項目によって料金が異なる場合があるので、お問い合わせください。

注射・内服薬治療

淋菌・淋病でおこなわれる治療です。症状の進行が早いという特徴があり、淋菌・淋病は抗生剤注射と内服薬治療の組み合わせをおすすめしております。また、クラミジア菌やヘルペスでは内服薬治療となるのが一般的です。

軟膏治療

カンジダ症によるできものや包皮炎に適用される治療です。

電気分解治療

尖圭コンジローム・伝染症軟属腫に適用される治療です。伝染症軟属腫に関しては自然治癒することもあると考えられますが、早期に症状を改善したい場合は、電気メスによる切除治療が最も望ましいといえるでしょう。

性感染症は予防できます!

性感染症は、性行為に関する正しい知識を持ち、不用意な行動を取らないことを心がければ、高い確率で防ぐことができます。自分に限って性感染症にかかるはずがないと思うのではなく、性行為時には性感染症予防策を心がけてくださいね。

まずはカウンセリングから

性感染症に感染すると、異性にばれたらまずい、恥ずかしいという思いが先行してしまうかもしれません。ですが、治療をしないまま性行為をおこなってしまうと、2次感染、3次感染と、どんどん被害が広がる可能性も考えられます。

基本的には、性感染症は簡単な治療で治ります。もし、性感染症に感染してしまった場合は、ぜひ当院のカウンセリングにお越しいただき、適切な治療をお受けください。

PAGETOP