溶ける糸と抜糸式の違いとは

 

手術で使う糸

今回は色々な手術の際に患者様に選択して頂いている糸の種類の違いについてお話させて頂きます。

当たり前のお話ですが切る手術=糸が必要になります。

当院では溶けない糸と溶ける糸の2種類があり、それぞれメリットデメリットもあります。

具体的な違いは何でしょうか?

 

溶ける糸 吸収糸(メディフィット)のメリットとは

 

はり溶ける糸のメリットといえば基本的に通院が不要という点ですね。

 

お仕事が忙しくもう一度指定された日に来ることが難しい方や遠方からお越しの方に向いております。

切る範囲が狭い手術ではこちらをオススメさせて頂くことが多いです。

ではデメリットは何でしょうか?

 

溶ける糸 吸収糸(メディフィット)のデメリットとは

 

溶けるまでに時間がかかります。

平均して4週前後の時間をかけて溶けていく方が多いです。

糸がついている期間が長いほど、締め付けも長く発生しますので傷が落ち着くのに時間がかかります。

 

抜糸するタイプのナイロン糸に比べ太い という点もデメリットです。

溶ける糸で細さを追求すると、「糸としての役目を果たす前に溶けてしまう」 という弊害もありますので一周り太くなっています。

 

イメージとして太いピアスと細いピアス

しばらく入れっぱなしにした後、抜いた場合どちらが傷が落ち着きやすいでしょうか?

 

答えはもちろん細いピアスです。

つまり傷の仕上がりはナイロンの方が綺麗になりやすいです。

 

抜糸式 ナイロン糸のメリットとは

 

抜糸式のメリットといえば前述したように仕上がりがよりキレイになるという点です。

 

例として、包茎手術の場合ですと抜糸に来て頂くタイミングが通常2週間の時になります。

言い方を変えると2週間も糸がついていれば十分なのです。

一方吸収糸は4週程度かけて溶けていきますので傷の治りの速度に対し、しめつけている期間が長くなるので傷の落ち着きは若干悪くなります。

 

抜糸式 ナイロン糸のデメリットとは

 

デメリットはご想像の通り、「もう一回来る必要がある」という事です。

しかしながらこれは本当にデメリットでしょうか?

ここからは私自身の経験も踏まえた裏話的観測で二つの違いをお話させて頂きます。

 

まず始めに私は包茎手術のような縫合範囲が広い手術は断然抜糸式をオススメします

昨今、吸収糸を勧めているクリニックが多いと思います。

 

「もう一度来なくていいので楽ですよ!」 

 

このセリフを言われると魅力的に感じる患者様は多いと思います。

 

溶ける糸をやたらと推奨するクリニックにありがちな本音は

 

「手術さえ終わってしまえばもう会いたくない」

「多少のトラブルが起きたとしても次に来ないといけない約束自体がないと、大抵の方はクレームのために電話をしてまで診察の予約を取ろうとはしない」

こういった側面は少なからずあると思っています。

またアルバイト医師や研修医が執刀したせいでトラブルが起きると対処しづらいというクリニックも多いでしょうね。

 

手術で一番多いのはやはり仮性包茎手術です。

「骨折をしたのでメスを入れたら処置前より腫れた」

この状態は皆様特に不安がる方はおられません。

治すために処置をして腫れを伴った こういった考え方が冷静にできます。

 

しかし医学的に手術が必須ではない仮性包茎で例えると、こちらから見て良好な経過の範囲内という状態でも

 

「ポロっととれてしまったりしない!?」

「この経過は本当に順調なの??」

 

と不安になられる方は非常に多いです。

陰茎は一番大事な部分なのでお気持ちは十二分にわかります。

よくしたいと思って美容目的でした手術が前より悪くなるという結果だけは避けたいですものね。

 

当院では抜糸式で手術される場合、抜糸前に医師が状態を確認し

 

「あとこれぐらいでこうなりますよ」

「こうした方がより治りが早くなりますよ」

といった検診とアドバイスもさせて頂いております。

先生の腕が良いのでトラブル自体が起こりにくくはありますが、100人皮を切れば100通りの治り方があります。

ですのでアフターケアに関しては自信を持ってオススメできる環境でお待ちしております。

 

最後に抜糸式に関して個人的に最大のメリットを紹介します。

 

糸がある状態で勃起すると痛い!

 

これです。

これが2週間で終わるのと4週ぐらいかかる それだけでも抜糸式を勧める理由としては十分です。

包茎手術ですと亀頭のカリ首の根本のところにぐるっと一周糸が付きます。

勃起すると竿は横に太く広がっていくのですが

 

「糸がついているところは広がれず締め付けが発生します」

これが結構痛いです。

 

「勃起はコントロールすればいいんじゃないの?」

そうお思いになる方もおられるでしょう。

しかしながら「眠っている時」はどうでしょうか?

 

人間は1時間半周期で「浅い睡眠と深い睡眠」を繰り返しているのですが

浅い睡眠の時は無意識に勃起しやすいです。

糸がついているとせっかく寝ているのに

「ん?痛いなぁ・・・  あぁまたコレか」

と起こされてしまうケースが多いです。

 

抜糸された後の患者様の顔は晴れ晴れしている感じが致します。

ちょっと脱線気味ではありましたが今回は糸の違いのお話でした。

 

当院は、先行予約となっております。

埋まり次第ご予約がお取りできなくなってしまいますのでご来院可能日時が分かり次第、お電話(当日、翌日も可)またはメールフォーム(2日以降のご予約)にて希望日時をお伝えください。

0120-344-622

陰茎手術やED治療のご予約はコチラ

男性泌尿器科メールフォーム

医学的根拠に基づく発毛「HARG療法認定施設です」

AGA薄毛治療メールフォーム