亀頭増大についてのお話

亀頭をイメージした亀

月日が経つのは早いもので気づけば年末ですね!

この1年で人気があった治療でやはり思い当たるのが亀頭増大、という事で今回は亀頭を大きくする手術についてお話をしたいと思います。

 

男性なら誰もが「大きな陰茎になりたい!」とお考えだと思います。

しかし大きくするといっても

・竿を長くする(長茎術)

・太くする(陰茎増大)

・亀頭を大きくする(亀頭増大) と外科的な処置は色々とあります。

 

「どれをやったらよくなるかなぁ?」と聞かれる事も多いですね。

私自身は面積のような物理的な大きさよりもシルエットとバランスが大事だと考えております。

 

いきなり竿だけ太くしたい!と来られる方も多いですが積極的にはオススメしない事が多いです。

と言いますのも亀頭が小さいまま竿だけ太くすると、今よりももっと「先細り」という印象が強くなりせっかく太くしたのに満足度としては低くなってしまいがちだからです。

銭湯とかでも皆さんご経験があると思いますが、亀頭部分が大きい人を見ると竿が短くても「デカイ!」と感じる事は多いと思います。

大切なのはバランスという事です。

 

前置きが長くなりましたが今回は亀頭増大についてのお話です。

長茎術と陰茎増大はこちらの記事をご覧ください。

長茎術についてのお話

陰茎増大(竿を太く)についてのお話

 

亀頭増大とは

 

亀頭増大をするにあたってポイントは二つあります。

ずばり、「入れるもの」と「入れる量」です。

 

亀頭に注入するものの種類と効果

 

当院で扱っている亀頭への注入剤は4種類あります。その4つとは

 

・ヒアルロン酸

・エランセ(4年タイプ)

・アクアミド

・パーフォーム

 

この4つです。それぞれ特徴がありますので説明していきます。

 

・ヒアルロン酸

 

名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

特徴を簡単に言ってしまうと個人差はありますが、半年ぐらいで体内に完全に吸収されるタイプとなっております。

「入れてみたいけど体に残るタイプの注入剤はちょっと怖い・・」

こういった方には向いていると思います。

 

・エランセ(4年タイプ)

 

こちらもヒアルロン酸同様、吸収されるタイプになります。

ヒアルロン酸との違いはその持続期間と吸収のされ方ですね。

ヒアルロン酸は先ほど半年程度と説明致しましたが、半年経ってから急激に吸収される というよりは入れた直後から日に日に吸収され元の大きさに戻ってしまいます。

それに比べエランセ(4年)は4年間大きさをキープし、その後吸収が始まる というようなイメージです。

高齢者の方で「あと3~4年ぐらい持てば十分だなぁ、でも残るタイプは抵抗があるなぁ」

こういった方に向いております。

 

・アクアミド

 

ここからは残るタイプの紹介となります。

アクアミド、次に紹介するパーフォームともに人体に入れる目的で開発されておりヨーロッパでもCEマークという安全基準を満たしております。

 

アクアミドの特徴としては親和性が高く体によく馴染む という要素があります。

注入されたうちのある程度は体に残るタイプとなっており、定期的に入れるつもりはない という方への選択肢の1つになります。

体には残りますが、馴染みがよいゆえに5年程度すると主張が弱くなり体感しづらいという欠点もあります。

 

・パーフォーム

 

アクアミドと比べ「残りやすさ」と「硬さ」がポイントです。

体に注入された後、体の組織は水分を吸収しようとパーフォームに集まってきます。

しかしパーフォームは吸収されないようにコラーゲンの膜を張りその中に閉じこもるような形で体に残ります。

ですので程よい硬さ(膜の硬さ)と注入した層にきれいにそのまま残る という特徴があり、亀頭の増大治療においては一番増大効果とハリを感じて頂けるものになっております。

 

2017.2現在 パーフォームが製造終了となったため当院でも在庫がなくなり次第終了となります。

新商品を入荷した際は追記させて頂きます、ご了承ください。

※パーフォーム終了致しました

 

亀頭増大における注入量について

 

実際にどの程度の量を注入すると大きさは体感できるのでしょうか?

一般的には大きさを得るためには「3ccは必要」と言われております。

どれぐらいまで入るのか?という疑問に関しましては6cc程度注入可能な方が多いです。

 

しかしながら当院は1回の注入の際の限界量は4ccまででお断りさせて頂いております。

これは、「一度にたくさん注入すると血流不全を起こしやすい」という理由からで安全第一主義の当院のルールになります。

最大値を目指したい方の場合はお手数ですが

4cc注入→後日体に馴染んでから追加で可能な量を注入 という形で施術させて頂いております。

 

残るタイプといえば聞こえはいいのですが、厳しい言い方をすると「異物」という表現になります。

しかしながら理解を持った医師が扱う事により安全性は確立されますのでご安心下さい。

年末ご友人と会ったり、一緒にお風呂に入る事があったりとこの時期は外科の手術を希望される方が多い季節です。

今の自分の陰茎に不満だったり、もっとこうしたいという欲求というものをお持ちの方は多いです。

 

「でもクリニックに行くのは恥ずかしかったり怖かったりする・・」 そのお気持ちもよくわかります。

実際治療された患者様からは「恥ずかしいのなんて最初の診察の時ぐらいで全然怖くないしもっと早く治療しておけばよかったわー」 という声をよく頂きます。

 

最初の1歩を踏み出すのはなかなか勇気がいる方もいると思います。

当院では最高の技術と万全のアフターケアで患者様の理想とご予算の中で最良の提案をさせて頂いております。

診察・カウンセリングは無料ですのでどんな感じなんだろう?と興味がある方は是非お越し下さい。

 

当院は、先行予約となっております。

埋まり次第ご予約がお取りできなくなってしましますのでご来院可能日時が分かり次第、お電話(当日、翌日も可)またはメールフォーム(2日以降のご予約)にて希望日時をお伝えください。

0120-344-622

男性泌尿器科メールフォーム

AGA薄毛治療メールフォーム